Monthly Archives: November 2019

旅館のエスノグラフィー Ryokan Ethnography Vol.1 

旅館のエスノグラフィー V0l.1 Ryokan no esunogurafii  V0l.1 Ryokan Ethnography V0l.1     皆さんの国には、ホテル以外の宿泊施設として、自分の国の伝統的な宿泊施設が残っていますか? Minasan no kuni niwa,Hotel igai no syukuhaku-shisetsu to shite, jibun no kuni no dentootekina syukuhaku-shisetsu ga nokotte imasu ka? In your country, do you still have traditional accommodation based on your own culture?     日本には旅館という宿泊施設があります。 Nihon niwa Ryokan to iu syukuhaku-shisetsu ga arimasu. There are accommodations in Japan called “Ryokan”.     旅館は、ハイアット、ヒルトン、インターコンチといった海外のチェーンホテルが日本に進出するずっと前から何世紀にもわたって存在しています。 Ryokan wa haiatto, hiruton, intaakonchi to itta kaigai no cheen hoteru ga nihon ni shinshutsu suru zutto mae kara nanseeki nimo watatte sonzai shite imasu. Ryokans have existed for centuries long before overseas hotel franchises such as Hyatt, Hilton, and InterContinental entered Japan.     …

Work in Japan “Interview with Yamato-san”

  社会起業家  Social entrepreneur 古屋 大和さん   Mr. Furuya Yamato   富士吉田市には創業163年の歴史を持つ老舗温泉宿「葭之池温泉」がある。ここにはヨーロッパや南米などから、大手旅行代理店やマスコミへの広告などに頼らずとも、SNSや口コミを通じ長期滞在者が集っている。実際、宿泊客の99%は海外からで、その多くはリピーターとなる。日本の古の魅力を世界に分かりやすい形で届ける。その仕掛人が古屋氏だ。自身も河口湖で民泊を経営しつつ、民泊経営のセミナーを行う。また飲食店の活性活動、富士吉田市の観光事業に助言・提言を行うなど、観光業を軸に地域を活性化させ、人や地域の価値を高め、革命を起こし続ける社会起業家だ。 これまで海外で生活し、外国人とチームを作り事業を展開してきた古屋氏に「一緒に働きたい人とは」というテーマでインタビューした。 Fujiyoshida City has a long-established hot spring inn “Ashinoike Onsen” with a history of 163 years. Long-term visitors from Europe and South America gather here through social media and word-of-mouth, without relying on advertising to major travel agencies and the media. In fact, 99% of guests are from overseas, and many of them are repeaters. Deliver the ancient charm of Japan to the world in an easy-to-understand way. The instigator is Mr. Yamato Furuya. He himself runs a private lodging and giving seminars at Kawaguchiko. He is a social entrepreneur who continues to revolutionize people and local value by …

Work in Japan “Interview with Taguchi-san”

Dot Hostel & Bar(富士河口湖)支配人 Manager 田口昌宏さん https://dot-hostel.com/     学生時代、バックパッカーとして東南アジア、インド、南米を独り歩き。1年間休学し、単身オーストラリアでワーキングホリデーを体験する。これらの経験を通して、いつもと同じ場所で、同じ生活を繰り返す、そんな規則的な日常では出逢えないような人と数多くの出逢いがあった。そうした仲間と経験を共有し、考え方、モノの見方が大きく広がった。 現在、富士河口湖の湖畔にあるホステル、「Dot Hostel & Bar(富士河口湖)」の支配人として、複数の宿泊施設のマネージメントを行っている。今、まさに経験を通して経営の勉強をしているという田口さん。河口湖を盛り上げる若手ホステル支配人、田口昌宏さんに経営の面白さ、難しさをインタビューした。 When I was at university, I was a backpacker and walked alone in Southeast Asia, India and South America. Take a leave of absence for one year and visit Australia on a working holiday visa. During these experiences, I had many encounters with people who would not be able to come across in regular daily life. In sharing experiences with new friends, it was greatly expanded the way of thinking and way of seeing. Currently, I manage several lodging facilities as the manager of Dot Hostel & Bar, and hostels nearby the Lake kawaguchiko. Mr. Taguchi says …

PAGETOP